朝鮮大学校、金正恩氏へのお手紙で「日米壊滅を目指す」と報告!

スポンサーリンク

なぜか産経新聞しか伝えない、日本国内にある北朝鮮関連施設や団体に関するニュースでありますが、またまた驚きのニュースが飛び込んできましたね。「日米壊滅を目指す」とかショッキングな文言が並んでいますが、感情論抜きにして事実を冷静に把握するという目線で調べてみました。

朝鮮大学校
こんにちは、楓(fu)です。

スポンサーリンク

産経新聞が伝えた今回報道の概略

いつ?・・・2016年5月28日に

どこで?・・・

東京都小平市にある「朝鮮大学校」で開かれた創立60周年記念行事において

だれが?・・・「朝鮮大学校」の張炳泰(チャン・ビョンテ)学長が

なにを?・・・

「大学内で米日帝国主義を壊滅できる力をより一層徹底的に整える」と明記した、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に送る手紙を、忠誠を誓う宣言文として読み上げた。

なぜ?・・・

金正恩委員長に対する崇拝の念を醸成させることが目的と思われる。

金正恩委員長への手紙要旨

・水素爆弾実験と地球観測衛星発射成功が日本制圧の誇りを心にもたらした。

・大学校が進むべき道を明るく灯してくれる。

・教職員・学生にとって慈愛に満ちた恩師である。

・偉大で不滅の業績が大学校に注ぎ込まれている。

・体を大切にしてほしい。

・資本主義の狂風が襲い掛かっても、平然とした態度でいられる度胸を育ててくれた。

朝鮮総連の動き

2016年7月下旬、朝鮮総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長は、総連幹部会議において「(我が国は)米国の孤立圧殺を展開中だ。金正恩元帥さまを最高尊厳として推戴(読み:すいたい、意味:(ある人を)おしいただくこと。特に、団体などの長として、あおぐこと)し、民族教育事業の革新を引き起こすため総決起しろ」と指示。

同会議に出席していた朝鮮大学校の張炳泰(チャン・ビョンテ)学長は、これを受けて朝鮮大学校幹部会議を通じてこの指示を在校生に伝達した。

日本政府の対応

朝鮮大学校の反日・反米教育が加速化する可能性が高いとみて動向監視を強めている。

問題点

こららの報道内容が事実だとするならば、日本国内に存在する施設内において、日本国、及び日本国民を脅かす恐れのある人材育成が行われていることになります。

また東京都は昭和43年、当時の美濃部亮吉都知事によって「朝鮮大学校」を「各種学校」として認可しており、この事によって「朝鮮大学校」は以後48年間もの間、固定資産税などが免除され、税制上の優遇措置を既得権益として享受し続けていることになります。

この認可問題含めて、今回のニュースとは別のドス黒い闇がありそうなのですが、また別の記事で取り上げたいと思います。

まとめ

今回は事実を冷静に記事にするという点に注意して書いてみましたが、調べれば調べるほどアタマにくるというか、イラっとしてしまいました(苦笑)

例えば僕が大家として貸している部屋の中で、その借主一家が僕を含めた僕の家庭を将来的にぶち壊すように子供を教育しているのが判ったらどうしますか?ってことだと思うんですよね。しかも家賃は相当おまけしてあげてるのに・・・(笑)

しかし、何故この手のニュースは産経だけしか報道しないのでしょう?

やはり報道すると困ることがあるってことなのでしょうかね?

戦後GHQの「3S政策」のやり方を学習して、目を向けさせたくないニュースは芸能人の不倫とか、強姦未遂事件とか、その手の話題で人々の目をそらすということなのでしょうかね?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。








スポンサーリンク
クリックお願い文
この記事がお役に立ちましたら、クリック頂けるとうれしいです ↓ ↓ ↓ m(_ _)m  ↓ ↓ ↓
日本ブログ村バナー
ブログランキング バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログサークル