ヨドバシカメラ、通販で都内中心に2時間半で無料配達開始!アマゾンに宣戦布告

スポンサーリンク

家電量販店の「ヨドバシカメラ」が展開するネット通販で東京23区内中心に、注文後最短2時間半での配達を開始するそうです。しかも何と送料無料らしいですね(笑)

yodobasi
こんにちは、楓(fu)です。

あの「ヨドバシカメラ」がネット通販で、東京23区全域と武蔵野、三鷹、調布、狛江の4市の一部地域において、2016年9月15日から開始する新サービスは、名付けて「ヨドバシエクストリーム」というそうです。

このサービスがすごいのは、到着予定時間を分単位で顧客に知らせてくれて、さらに一部地域では24時間体制で再配達に対応するという、まさに「ここまでやるか!?どうだアマゾン、付いてこれるか!?」みたいなサービスとなっています。

スポンサーリンク

ネット通販各社のサービス比較

・アマゾンジャパン

アマゾンプライム会員を対象に東京、神奈川や大阪などで最短1時間で配達。1回の配達には最低金額条件有り(2,500円以上無料)。1時間配達には別途送料が890円必要。

・ヨドバシカメラ

東京23区などで無料で最短2時間半で配達。一部地域(中野区や杉並区等)では再配達に24時間対応。1回の配達での最低金額条件無し。

・楽天

都内の一部で食品や日用品を最短20分で配達する有料サービスを提供中。

・アスクル

都内の一部で配達時間を30分単位で通知。1回の配達には最低金額条件有り(3,900円以上無料)。

やはりヨドバシカメラとアマゾンジャパンの一騎打ちの様相です!

ヨドバシエクストリームの詳細について

・サービス区域は東京23区全域、及び武蔵野、三鷹、調布、狛江の4市。配達時間はこれまでの6時間から大幅に短縮して、2時間半での配達となります。

・購入者には到着予定時刻を「○○時○○粉に到着予定です」という情報をメール配信で知らせることにより、配達時不在を減らす。それでも再配達が必要となった場合には、杉並区や中野区等で24時間対応するそうです。

・乾電池1個からでも無料配達可能で、小型商品は郵便受けに入れることになりそうです。

・今回の新サービス提供に伴って、家電だけでなく調味料や加工食品の販売も開始となりそうです。既存の6時間以内配送サービスで良く売れている小型家電や飲料水に加えて、購入者側のメリットはかなり増えそうですね。

まとめ

ネット通販事業はアマゾンの一人勝ち状況から、各社各様のスタイルで激しい顧客獲得競争が激化してきています。顧客満足度という観点から、当初は品揃えの充実、価格面での満足度アップという基本的な部分での競争でありましたが、その後は注文から配送までの時間短縮競争、送料無料化競争へとシフトしてきています。これは結局のところ各社の収益を圧迫するであろうことは想像に難くありません。

その結果、最終的には市場から淘汰されていくネット通販事業者も出てくると思われます。それが自由競争というものと云えば身も蓋もありませんが、過度なサービスを追求した結果、事業そのものの見直し等を招く状況は最終的に顧客不利益につながると考えますが如何でしょうか?

最後までお読み頂き、ありがとうございました。






スポンサーリンク
クリックお願い文
この記事がお役に立ちましたら、クリック頂けるとうれしいです ↓ ↓ ↓ m(_ _)m  ↓ ↓ ↓
日本ブログ村バナー
ブログランキング バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログサークル