ムッシュかまやつの在籍していたザ・スパイダースは解散してもソロ活動がすごい!

スポンサーリンク

ザ・スパイダース
こんにちは、楓(fu)です。

ムッシュかまやつ(かまやつひろし)さんが肝臓がんで入院中らしいです。(汗)

所属事務所(ケイダッシュ)からの発表では5月の検査で「肝臓がん」が発見されたらしく、その後通院治療を続ける中で8月23日に脱水症状のために緊急搬送され、そのまま検査入院されたようです。

ムッシュかまやつさん本人から、所属事務所を通じて「絶対復活するから心配しないでください!それまでいろいろご迷惑おかけします!」とのメッセージが発表されています。

2016年9月10日には「ムッシュかまやつ&泉谷しげるトーク&ライブ」も予定されていたそうですが、こちらも体調不良を原因に休演されるとのことです。

その後、泉谷しげる氏よりコメントが発表されましたが、それによれば

「共演する者としてやるべきことは、ムッシュかまやつ氏の帰ってくる場所をつくっておくべきと考え、俺ひとりでもライブを続行することにしました」

とのムッシュかまやつ氏に対するリスペクトあふれるメッセージでちょっと感動しました!

ではここで「ムッシュかまやつ」さんのルーツに触れるべく、かつて一世を風靡したグループ・サウンズの雄「ザ・スパイダース」について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

ザ・スパイダースとは?

ザ・スパイダース (The Spiders)

1961年に田邊昭知(現在の田辺エージェンシー社長)が結成した日本のグループ・サウンズ(G・S)のバンド。ヒット曲には「夕陽が泣いている」、「なんとなくなんとなく」、「あの時君は若かった」などがあり、1970年に解散。

活動期間が1961-1970というと、あの世界的なバンド「ザ・ビートルズ」とほぼ同時期のバンドだったんですね。ザ・スパイダース的には「ザ・ビートルズ」を意識していたフシはありそうです。(その逆は絶対にないと思いますが・・・)

メンバーは?

田邊昭知 : ドラムス (愛称:昭ちゃん、昭坊、ショーチャン)

加藤 充 : ベース (愛称:カッペ、カッペちゃん)

かまやつひろし : ギター (愛称:ムッシュ、ムッシュー、ひろし)

大野克夫 : オルガン (愛称:克夫ちゃん、カツオ)

井上 孝之 : ギター (愛称:イノヤン、タカユキ)

堺 正章 : ボーカル (愛称:マチャアキ、栗)

井上 順 : ボーカル (愛称:順、順ちゃん、ジュン)

前田富雄 : ドラムス (田辺昭知の後任)(愛称:トミー)

クロニクル

1961年5月に田邊昭知により「ザ・スパイダース」が結成。当初の主な活動は歌手のバックミュージシャンでした。

バンド名は、かまやつひろしの父(ジャズシンガー、ティーブ・釜萢)により「蜘蛛の巣のように世界を席巻するように」との思いから命名されました。

その後、1962年には、井上孝之、大野克夫、堺正章が参加。1963年に入りベースの加藤充、そして1964年、井上順が参加し黄金期のメンバー7人が揃いました。

1966年9月にリリースした「夕陽が泣いている」は120万枚を超える大ヒットとなり、GSブームの幕開けに寄与したといえます。同時期の「ブルーコメッツ」、沢田研二の「タイガース」とともに「GS御三家」と呼ばれていますね。

1969年になるとGSブームも失速し、「スパイダース」も例外ではなく、堺正章や井上順がソロ活動でドラマに出演したり、かまやつひろしがソロ・アルバム「ムッシュー/かまやつひろしの世界」をリリースしたりと、個人活動が目立つようになってきました。

この「ムッシュー/かまやつひろしの世界」というアルバムは、全曲の作曲・編曲がかまやつひろしであり、作詞には俳優の石坂浩二、作詞家の安井かずみとなかにし礼、テンプターズの萩原健一などが参加しました。何よりすごいのは全楽曲のすべての演奏パートとボーカルを、かまやつひろし本人がひとりで行ったアルバムだということです。

あのポール・マッカートニーの初ソロアルバム(全曲演奏をポールひとりで行っている!)「マッカートニー」よりも早くに日本人ミュージシャンであるムッシュかまやつが作っていたのです!これってすごいことですよね(笑)

GSブームの去りつつあった1970年9月にリリースした「エレクトリックおばあちゃん」が久々のスマッシュヒットとなりましたが、残念ながら1971年1月の「第43回日劇ウエスタンカーニバル」を最後のステージとして解散してしまいました。

皮肉なことに解散後の1971年11月には「第2回日本歌謡大賞放送音楽賞」を受賞。翌月の12月に「第4回日本有線大賞大衆賞」をも受賞しました。更に1975年8月には「第1回日本テレビ音楽祭特別賞」までも受賞しています。

これら各々の賞を受賞した「ザ・スパイダース」は、解散してもなお歴史に残る偉大なるグループであったと云えるでしょう。

各メンバーのその後は?

田邊昭知 (本名 :同じ) 1938年11月15日/東京都生まれ (2016年9月8日現在・・・78歳)

現在は「田辺エージェンシー」代表取締役社長として活躍中。
妻は元歌手であり女優の小林麻美(結婚を契機に芸能界から引退)

加藤 充 (本名 : 同じ) 1934年3月3日/東京都生まれ (京都育ち) (2016年9月8日現在・・・82歳)

スパイダース解散後は、かまやつひろしのバックバンドとして活躍していましたが、その後、芸能界から引退。
現在は “カッペちゃんオールスターズ” を結成し、音楽仲間とライブハウス等に不定期で出演し演奏活動をしています。

かまやつひろし (本名 : 釜萢 弘) 1939年1月12日/東京都生まれ (2016年9月8日現在・・・77歳)

かまやつひろし
スパイダース解散後はソロ歌手として活動。1970年4月シングル「どうにかなるさ」をリリース。1986年「One Night Stand Brothers」を結成。1988年 “タイガース・メモリアル・クラブ・バンド” に参加。大口ひろし、ルイズルイス加部と結成した「ウォッカコリンズ」にも参加。1999年には堺正章・井上堯之とともに「ソン・フィルトル」を結成し、シングル「Yei Yei」をリリース。現在もミュージシャンとして活躍中ですね。尚、フォーク界の女王”森山良子”は従妹にあたる。

大野克夫 (本名 : 同じ) 1939年9月12日/京都市生まれ (2016年9月8日現在・・・77歳)

スパイダース解散後は、井上堯之と共に “P Y G” に参加。その後は “井上堯之バンド” に参加。また同時に作曲も手掛け、1977年5月にリリースされた沢田研二の『勝手にしやがれ』を作曲し第19回日本レコード大賞を受賞しました。沢田研二の他、多くの歌手にも楽曲を提供し、その才能を発揮した。”井上堯之バンド” が解散した1980年に “大野克夫バンド” を結成。1988年には “タイガース・メモリアル・クラブ・バンド” に参加。現在は作曲家、プロデューサーとして幅広く活躍中。

井上孝之 (本名 : 井上堯之) 1941年3月15日/神戸市生まれ (2016年9月8日現在・・・75歳)

スパイダース解散後は、大野克夫と共に “P Y G” に参加。その後は “井上堯之バンド” を結成しリーダーとして活躍しましたが1980年解散。その後、ギタリスト、作曲家として活躍。1998年には一旦活動を休止したが、2002年に復活。更に2009年1月、健康上の理由で芸能界を引退し小樽で静養。2010年7月に復帰し、現在もライブ等で活躍中。

堺正 章 (本名 : 栗原正章) 1946年8月6日/東京・世田谷区生まれ (2016年9月8日現在・・・70歳)

スパイダース解散後は、歌手としてソロ活動をする。1971年「さらば恋人」は第13回日本レコード大賞大衆賞受賞。歌手活動を続けながらドラマにも出演。TBSドラマ『時間ですよ』はあまりにも有名。1978年からの夏目雅子主演TVドラマ「西遊記」で孫悟空役を務め人気に一層の拍車が掛かった。1994年4月から現在も続く長寿番組のTBS「チューボーですよ!」にレギュラー出演している他、TV等で活躍しており、芸能界の大御所である。

井上 順 (本名 : 同じ) 1947年2月21日/東京・渋谷区生まれ (2016年9月8日現在・・・69歳)

スパイダース解散後は、”井上順之” 名義でソロ活動するも1973年に”井上順”の芸名に戻す(じゅんじ→じゅん、と “じ” を取った。理由は”じ”にある。痔に悩んだ彼らしい・笑)。歌手の傍ら、俳優、司会、とオールマイティーにこなし、1976年には「夜のヒットスタジオ」第三代司会者として”芳村真理”と供に抜擢された。現在も多岐に渡り幅広く活躍中。

前田富雄 (本名 : 同じ) 1948年9月17日/大阪市生まれ (2016年9月8日現在・・・68歳)

スパイダース解散後は、ロックバンド “ファーラウト” に参加。その後、内田裕也、かまやつひろし、などのバックバンドとしても活動していましたが、結婚後は芸能界から引退し、現在は世田谷区にて鮮魚店を経営されています。音楽活動は継続されているらしいですね。

まとめ

活動中に前座を務めた海外アーチスト名を挙げると、「アニマルズ」、「ビーチ・ボーイズ」、「ザ・サファリーズ」、「ハニー・カムズ」等、錚々たるバンドの名前が出てきます。解散後の各メンバーのご活躍も調べれば調べるほど素晴らしいものでした。

今回、ムッシュかまやつ氏の緊急入院がきっかけで興味を持って勉強してみました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!


スポンサーリンク
クリックお願い文
この記事がお役に立ちましたら、クリック頂けるとうれしいです ↓ ↓ ↓ m(_ _)m  ↓ ↓ ↓
日本ブログ村バナー
ブログランキング バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログサークル