ドラマ下剋上受験第6話は深田恭子の入浴シーン激減?だがドラマ展開◎

スポンサーリンク

2017年2月17日(金)22:00からのドラマ「下剋上受験」第6話は、定番化していた深田恭子の入浴シーンはセリフ無しでのワンショットのみでした。しかし、その分最近は『困った顔』の深田恭子登場シーンが多かったのが、やっと深キョン・スマイル全開?という感じで見ていて癒される第6話でした。


ドラマ「下剋上受験」も今回で放送第6話を迎え、次回はいよいよ父:信一が『うつ病』と診断され、これまで以上に家族や仲間に支えられながら過酷な受験戦争へと突入していく姿が描かれる予定です。

原作の中では深田恭子演じる妻&母:香夏子の存在感は希薄であったのですが、ドラマでは重要なカギを握る役どころとしての女優:深田恭子がどのような演技を見せてくれるのか目が離せませんね。

また今回の放送では桜井家と対照的なセレブ家庭である徳川家の父娘関係の機微が描かれていました。夕日にシルエットで浮かび上がった父:徳川直康と娘:麻里亜の感動シーンも素敵でした。


今回も深田恭子の入浴シーン画像と共に出演シーン画像をお届けします。

スポンサーリンク

第6話のあらすじ

佳織が6年生に進級し、迎えた保護者面談で信一は徳川直康と出会う。徳川は娘・麻里亜の成績が落ちていることから佳織との友達付き合いを止めさせたいと言う。佳織の成績も伸び悩んでおり、信一は徳川の申し出を受け入れる。しかし、それが原因で佳織との関係はぎくしゃくし、香夏子(深田恭子)からは猛反発を受けてしまう。香夏子は楢崎哲也に相談するが、公園のベンチで涙を流す香夏子を偶然目撃した信一の後輩・杉山は、香夏子がいじめに遭っていると早合点。それを聞いた一夫は杉山と共に不動産会社へ怒鳴り込んでしまう。

一方、家族と顔を合わせづらくなった信一は居酒屋ちゅうぼうで幼馴染の仲間と飲んだくれていた。そこに楢崎が現れ、成績が伸びないのは記憶のメカニズムに一因があると解説。納得した信一はこれまでの言動を悔い改め佳織に謝る。

信一は受験前最後の“遊び”としてバーベキューを企画する。そこに自分の友人や麻里亜も招いて大いに楽しみ、それ以後は受験に専念するんだと心に誓う。
そして迎えたバーベキュー当日。川原で信一と仲間たちが準備をしていると徳川が現れたが…。

ドラマ「下剋上受験」公式HPより

入浴シーン


ふと思ったのですが、入浴シーンってやっぱりまとめて収録しているのでしょうか?

第6話の深田恭子画像まとめ

第6話のベストショット


やっぱり癒されます・・・

まとめ

ドラマを見ていて深田恭子の演技がスゴイなぁと思うのは、娘を見守る母目線っていうのか、慈愛に満ちた表情がこれまでの彼女の出演ドラマと比較しても嘗て(かつて)ないものだと感じるところです。

男性ファンはもちろん、女性ファンも多いというのは十分に頷(うなづ)けますね。

大体ワンクール12回として今回で6回を終えたわけですが、今後は信一の病気や伸び悩む佳織の成績、香夏子の仕事面での問題、中学受験に肯定的ではない学校との問題等、様々な要素が絡み合いながらラストへと向かっていく展開です。



次回予告動画を見る限り、『困った顔』の深田恭子登場シーンがまた増えてしまいそうな予感がしますが、それもまた良しとして来週の金曜日午後10時を楽しみにしたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


スポンサーリンク
クリックお願い文
この記事がお役に立ちましたら、クリック頂けるとうれしいです ↓ ↓ ↓ m(_ _)m  ↓ ↓ ↓
日本ブログ村バナー
ブログランキング バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログサークル